家を建てる時に使われる木について教えてください

0773-42-6866

家を建てる時に使われる木について教えてください

家を建てたいと思われると様々な疑問が出てきます。
よくお客様から尋ねられる疑問や質問に
福井社長が動画でお答えしています🎥😉



今回は

家を建てる時に使われる木について教えてください

という質問についてです。



これから家を建てることを計画されている多くのご家族は、
木造住宅で家づくりを計画されている方が多いと思います。

家を建てるときには、
「どんな木材が良いの?」と
気になる方多いのではないでしょうか?


Q. 家を建てる時に使われる木について教えてください

動画で質問の答えをCHECK🎥



冬暖かく、夏涼しい、しかもほぼ光熱費のかかりにくい
快適な家づくりをしております🏠✨

ファーストホームの福井です

木っていうのは自然の物ですし、例えば家を建てていく上で桁とか梁とか母屋とか柱とかって色々聞かれると思います。今柱なんかは集成材、人工的につくって検査してでてくる柱とか梁とかあります。木で一番大切なのは【含水率】っていって【水分の割合】を示したものです。水が多い木、例えばグリーン材(乾燥処理が施されていない未乾燥の製材)っていうのもあるんですけれども、うちは使っていないんですけれども、たまに屋根の部分で使われる所もあります。水が多いとどうなるのかと言いますと、例えば屋根の部分にグリーン材を使われた場合ですと、どうしても家を建てた後に屋根を伏せると日射が当たったり、室内の温度等でだんだん乾いてきます。乾いてくると、木ってどうなるのかというと【ねじり】が始まります。ねじっていくとどうなっていくのかというと、歪みがでてきたり。目に見えないし、屋根の部分なので分かりにくいんですけど、そういった木もありますし、検査を受けた1本1本人工乾燥っていう乾燥機に入れて乾燥させたりもするんですけれども、そうやって検査を受けてりねりやくるいのほとんどない木材もあります。それはドライビームっていうんですけれどもっそういった木もあります。
もう一つは丸太から削って、人工乾燥させて昔の家なんか檜の柱とか土台っていったらそういう木が使われていたんですけれども、今はかなりコストがかかるので対応を価格に合わせたりとかしています。
木ってねじってくると釘とかビスとか打つんですけれども、自然の力ってほんとにすごくって、釘とかビスが曲がってしまったりとか、折れてしまったりとかがありますし、そうするとどうなるかっていうと部屋に住んでて内側から見える位っていうことは、かなりのねじりがある。そういう家づくりを実際にされている所はそんなには無いとは思うんですけれども、もしそのような木材が使われているとしたらそのような事にはなってしまいます。
含水量の多い木を使っていると、水分が抜けようとするので木って目があったりしますので、曲がりやすい方向へ曲がっていく。ねじっていくようになります。含水量を家づくりの際になるべく落としておくとねじりが少ないです。



ファーストホームははじめての家づくりの強い味方です!
疑問に思われる事、不安な事等、気軽に何でもご相談下さい


これからお家を建てたい方の
家づくり勉強会開催中です。

相談してみる←


Facebook公式ページに

いいね!お願いします

ファーストホームの最新記事をお届けします



コメントを残す

*

PAGE TOP

新着記事INFO



株式会社ファーストホーム

〒623-0046 京都府綾部市大島町二反目12番地1
営業時間(9:00~18:00)
定休日(日曜日、祝日)

0120-967-686

firsthome@1home.co.jp

建築許可番号:京都府知事 許可(般ー2)第40503号
二級建築士事務所 京都府知事登録(02B) 第3145号




MENU

CONTACT

TEL

INFO
HOME